結局私って何色なの?ベースメイクに取り入れたい5色のコントロールカラーと選び方| したいが見つかる、流行先取りメディア【Petrel(ペトレル)】

結局私って何色なの?ベースメイクに取り入れたい5色のコントロールカラーと選び方

普段、下地にファンデーション、コンシーラーだけで終わらせてしまっていませんか?肌のトーンやくすみが気になっているならコントロールカラーで改善してみませんか?肌のお悩みによって使うカラーが違うので、自分にピッタリの色味を使うと透明感を演出できるかも♡今回はコントロールカラーのそれぞれの色のもたらす効果についてご紹介します!

ちゃんと自分の肌のこと知ってる?

<p>メイクは毎日の生活に欠かせないものだけど、なんとなくの知識でメイクしていませんか?</p><p>自分に合ったコントロールカラーを使うだけで恋した女の子みたいに可愛くなれちゃいますよ♡</p><p>今回は、なりたい肌色にカバーしてくれるピンク、グリーン、イエロー、パープル、ブルーのコントロールカラー(カラーベース)の使い分けとそれぞれの効果、人気の商品を合わせてご紹介します!</p><p>自分に合ったカラーベースで素敵肌をGETしてみて♡</p>

コントロールカラーって?

<p>コントロールカラーとは、素肌の色を調節して肌の悩みを軽減できるものです。</p><p>メイク時に染みや赤みなど、気になる部分を綺麗にカバーできるので、自分の肌の悩みに合わせて使うとコンプレックス知らずの肌になれそう♡</p>

使う順番って?

<p>通常通りに化粧水やクリームなどで肌を整えた後、下地を塗り、気になる部分にコントロールカラーをONします。</p><p>その上からいつものファンデーションなどをのせればそれだけで◎。</p><p>保湿をしっかりしてから塗るとベースメイクの持ちが格段に良くなるのでポイント。</p>

使い方のコツは?

<p>メーカーによってパーツ使いした方がいいものと、全体に塗ってもOKなものがあるので要注意!</p><p>顔全体の色味を変えたいのであれば全体に塗っても大丈夫ですが、首の色と差がでないようにするのがポイント。</p><p>たくさん塗ると厚塗り感が出てしまうので、薄くのばすくらいの量で十分。</p>

血色を良く見せるなら【ピンク】

<p>血色が悪くて肌が青白く見えやすい人にはピンクのコントロールカラーがおすすめ。</p><p>全体に塗ってもOKですが、頬だけに塗って血色を良くするのもアリ。</p><p>ただ、元々色黒の人は死労基してしまうので控えた方がいいかも。</p><p>【ピンクの特徴】</p><p>・血色の良い肌色に。</p><p>・暗い印象の肌を明るく錯覚。</p>

赤みが気になるなら【グリーン】

<p>赤みがとにかく気になるという人にオススメのグリーン。</p><p>赤身はなかなか内側から消せないからきっと救世主になるはず!</p><p>【グリーンの特徴】</p><p>・赤みを隠す。</p><p>・ニキビを隠す。</p>

隠したいアレコレを隠すなら【イエロー】

<p>シミ・そばかす・クマなどのお悩みの人にはコントロールカラーの中でも特に使いやすいと言われているイエローがオススメ。</p><p>くすみや赤みもカバーしてくれる優れものなんだとか。</p><p>【イエローの特徴】</p><p>・お肌の色ムラや乾燥に。</p><p>・健康的なお肌に見せる。</p><p>・迷ったときはイエローを選べば外れ無し!</p>

透明感+血色感を演出できる【パープル】

<p>最近ラベンダーカラーのコスメやカラーが注目を集めていますよね。</p><p>コントロールカラーで緑と赤の要素を持つパープルを取り入れることで、透明感と血色感が同時にGETできちゃうんです。</p><p>【パープルの特徴】</p><p>・透き通るような肌を演出できる。</p><p>・お肌に程よい血色感を与えてくれる。</p>

とにかく透き通った肌が欲しいなら【ブルー】

<p>透明感を極めたい人にはブルーがオススメ!</p><p>ブルーをプラスすればパッと明るい肌になれちゃうんです。</p><p>厚塗りすると逆に血色が悪くなってしまうので、チークを足したり薄塗りにすることがポイント。</p><p>【ブルーの特徴】</p><p>・透き通った肌を手に入れられる。</p><p>・ナチュラルメイクにピッタリ。</p>

コントロールカラーが勢ぞろいの「WHOMEE(フーミー)」がおすすめ。

<p>カラーについて分かったところで、具体的なコスメのご紹介です。</p><p>コントロールカラーに力を入れているWHOMEE(フーミー)では、ありとあらゆるカラーが勢ぞろい。</p><p>思いのままに肌補正ができるんです。</p><p>紫外線カット効果があるのも嬉しいですよね♡</p>

理想の肌になろう♡

<p>今回はカラーベースの役割とそれぞれの特徴をご紹介しました。</p><p>カラーによって、役割がそれぞれありましたね!</p><p>自分に必要なカラーベースを見つけて、「お肌とっても綺麗ね」って言われるような肌になりましょう♡</p>